税理士変更をご検討の方へ

    Q.今の税理士事務所に対して下記のような不満はありませんか?

    今の税理士事務所に対して下記のような不満はありませんか?

    ・質問に対する回答が遅い…
    ・相場はわからないけど、なんとなく報酬が高い気がする…
    ・態度が横柄、偉そうにしているなど、気軽に質問等ができない…
    ・専門用語を使っての説明が多く、内容が難しい…
    ・融資・補助金の相談に乗ってくれない…
    ・無資格の担当者任せで税理士本人と会えない…
    ・事前に納税額を教えてくれず、期日ギリギリに税額を知らされる…
    ・税理士が高齢であり、知識が古く、先行きも不安である…
    ・先代から継続して契約しているけど、年齢の近い税理士を探したい…

    このようなお悩みをお持ちの方であれば、税理士変更によるメリットを感じていただけます。

    Q.解約の際、今の税理士にはどのように伝えれば良いですか?

    A.基本的には契約を打ち切る旨を伝えれば問題はありません。理由については、「親戚の税理士が独立して顧問を頼まれたので・・・」「主要得意先から税理士を統一したいと要望があった…」などが一般的に当たり障りのない理由となります。

    Q.税理士変更のタイミングはいつが良いですか?

    A.いつでも可能ですので、変更したいと考えたタイミングが変更のタイミングです。必ずしも決算期に合わせる必要はなく、年度の途中からでもスムーズに移行することができます。

    Q.税理士を変更したことを理由に、税務調査が実施されると聞いたことがあるのですが大丈夫でしょうか?

    A.迷信です。おそらく、税理士変更をした直後にたまたま税務調査が実施された人がそのような話をしたところから始まったと考えられます。

    Q.報酬が下がるとサービスの質も下がるのでは?

    A.そのようなことはありません。木村伸太郎公認会計士・税理士事務所では、従来のパッケージ型の契約に捉われず、お客様にとって必要なサービスを必要な分だけ契約頂けるようにしていますため、まずは不必要なサービスを見直すだけでもトータルコストは下がるものと考えます。また、お客様にとって本質的メリットの少ない間接費(会計ソフト等)は可能な限り定型化・コンパクト化して、お客様への請求額に転嫁されないように努めております。現在の報酬に納得されていないお客様の場合は、お支払いしている報酬の内容を改めて確認することで、様々な見直す点が見えてきたりします。

税務・会計等に関しまして詳しく知りたい方、また、疑問等がございましたら、相談を随時受け付けておりますので是非一度ご連絡ください。

代表者紹介

代表の木村伸太郎(公認会計士・税理士)

木村伸太郎(公認会計士・税理士)
1987年生まれ
東京都多摩市出身・東京都八王子市在住
2010年4月 有限責任 あずさ監査法人 入社
2017年4月 木村伸太郎公認会計士事務所 開業
2017年5月 税理士登録