会計監査

資本金5億円以上、又は負債総額200億円以上の会社は、会社法上、会計監査人を置く必要があります。この会計監査人に監査法人を選任することが多くはありますが、個人の公認会計士でも監査をすることができます。では個人の公認会計士のメリットについて触れて行きましょう。

あかりパートナーズグループの公認会計士事務所に監査を任せるメリット

    • 監査報酬が安い!
      監査法人は、国際ネットワーク維持費をはじめ多くの間接費がかかります。個人公認会計士であれば、これらはほとんどかかりません。この費用の分など1~3割お安くできる自信があります。

 

    • 監査責任者や現場担当者が変わらない!
      大手監査法人出身の公認会計士である監査責任者が直接対応を行うため、“監査責任者が現場に来ない”“現場担当者が頻繁に入れ替わる”ということはございません。また、監査責任者が直接対応を行うことにより、迅速な意思決定が可能となります。

 

  • 税務に詳しい!
    あかりパートナーズの監査責任者は、税理士法人の代表社員でもあります。税務の見識も一通り持ち合わせておりますので、幅広くご相談に乗ることができます。

費用

料金は工数見積りに比例して決定させて頂いております。お見積りはもちろん無料ですのでお気軽にご連絡ください。

会計監査に関しまして詳しく知りたい方、また、疑問等がございましたら、相談を随時受け付けておりますので是非一度ご連絡ください。初回のご相談は無料でございます。多くの場合、初回のご相談で問題解決までの道筋をご提案することができます。相模原市の税理士・公認会計士『あかりパートナーズ税理士法人』にお任せください。